新人スタッフだけでなく、リーダー層のスタッフにも、もっと認めて、褒めて、感謝の気持ちを言葉にして伝えようと思います/看護師長/20191031

ラ・ポール株式会社

研修開催日:2019/10/31 T消化器科クリニック様
内容:プレミアム接遇コンサルティング・医療スタッフ育成リーダー研修
ご感想の一部を紹介いたします。

*改めて、言葉の大切さを実感いたしました。
人はすべて発した言葉どおりになっているということを教えて頂き、納得できることが数多くありました。
コミュケーションは、自己理解するところから始まること、そして自分とは異なるタイプの人もいること、相手を絶対に否定しないこと、評価すべきは結果ではなく、努力しているプロセスであるということを意識して、スタッフとのコミュニケーションを楽しみたいと思います。
そして、新人スタッフだけでなく、リーダー層のスタッフにも、もっと認めて、褒めて、感謝の気持ちを言葉にして伝えようと思います。
常に"水は半分もある"ととらえていこうと思います。ありがとうございました。/看護師長

*今回の研修もとても楽しく盛りだくさんの内容でした。
毎日人がセルフトークをしていることや、セルフトークによって自分のその日の方向性が変化してくると思いました。
コミュニケーションは、言葉の伝達でその人の考えている型や特性を知ることで、もっとスムーズにコミュニケーションがとれると思いました。
私は元々、ICUに居たので、救急の対応の例、とてもイメージしやすく、看護師が間を取り持つことがよくあったなぁと感じました。
クリニックでも検査の時や患者様との接し方の中で、毎日、役立てることが多いと思いました。この感想文には収まらないくらい、たくさん学べました。来年も楽しみにしています。/看護師

*私は前回の「承認」・・・自分はできているのか、どうか、という疑問が晴れた研修でした。
「仕事をする時の認識スタイル」のワークシートでは、自分がどのようなタイプなのか、又、同じスタッフがどのようなタイプなのかを知ることができました。
リーダーとしてみたときに、クラークさん達は全員、詳細型だったので、自分の仕事の他の見方や指示の出し方は具体的に伝えなければいけない・・・と反省しました。
相手のスタイルを知ったうえで、コミュニケーションの方法を変えれば、こちらの意図が伝わりやすいのだなぁ・・・とよくわかるワークでした。
「仕事で大切にしていること」のワークでは、クラークさんの仕事で大切にして欲しいと思っている「患者様に安全に検査を受けて頂く」ということをスタッフが大切にしていることを知り、とても嬉しく思い、このようなスタッフを大切にしたいと思いました。
このようなコミュニケーションの取り方(自分のききかた)が必要なのだと感じた研修でした。ありがとうございました。/看護師