医療スタッフ育成リーダー研修

医療スタッフ育成リーダー研修

医療スタッフ育成リーダー研修とは

医療スタッフ育成リーダー研修とは

現場をまとめられる指導力の高いリーダーを育成し、組織力を高めたい!

医療の現場をリードする「指導者」として、しっかり身につけておきたい「育成」の基本的な考え方とスキルを体験学習できます。

育成力の向上を目指すとともに、「人が育つ」職場風土を創りあげるためのエッセンスを得る研修です。

こんな方にオススメ!

  • なかなか成長しない部下をどうやって育てていいか分からない
  • 指示を出しても部下が動かない
  • 報連相を定着させたい
  • 伝達ミスが多い
  • チームをマネジメントするテクニックが欲しい
  • 人が育つ職場風土を目指している

医療スタッフ育成リーダー研修のコンセプト

「スタッフ教育がうまくいかない...」それはなぜ?

医療スタッフ育成リーダー研修のコンセプト

現場やスタッフをマネジメントしていく力を育むため、実践を中心とした研修を行っています。

たとえば、あなたが「水をください」とスタッフにお願いしました。

  • 温かい水を準備したスタッフ
  • キンキンに冷えた冷たい水を準備したスタッフ

どちらが、あなたの求める水ですか?

スタッフの捉え方は様々です。その捉え方をより良い方向に導き育てることが求められます。

研修内容

電話でのヒアリング

電話でのヒアリング

事前にお電話でヒアリングした上で最適な研修をご提案します。また、現状分析による課題や改善点の洗い出しも行います。※現状分析は単独研修の場合はオプションになります。

指導者として役割を追求する実践型研修

指導者として役割を追求する実践型研修

医療スタッフ育成リーダー研修は、指導者としての基本的な考え方とスキルを体験学習し、育成力の向上を指すとともに「人が育つ」職場風土を創りあげるためのエッセンスを得る研修です。

フォローアップ(オプション)

フォローアップ(オプション)

研修を受けたスタッフの感想や研修後の変化・結果を確認していただくための報告書を送付いたします。※単独研修の場合はオプションになります。

ラ・ポールが選ばれる6つの理由

医療介護専門

専門だから医療介護の現場に精通。「病院機能評価認定」された医療機関に提供しているコンサルティング・研修を実施。

20年の経験

医療介護の分野で培った豊富な経験を基に、改善改良効果の高い接遇コンサルティング・研修プランを提案。

完全現場主義

完全現場主義だから、変わりゆく現場の状況にも臨機応変に対応。すぐに現場で使える「ノウハウ」を提供。

受付事務から医師まで対応

受付から医師まで各専門職に合わせた実践型の接遇コンサルティング・研修内容。

各医療機関にあわせて

クリニックから総合病院まで規模や職場環境に応じたコンサルティング・研修プログラムを提供。

公的機関御用達

公立病院や大学附属病院などの公的機関、医師会、看護協会での接遇研修・講演実績多数。

講師・コンサルタント紹介

福岡 かつよ(医療接遇コンサルタント)

福岡 かつよ(医療接遇コンサルタント)

全国の医療介護機関において「成果直結で院内にDNAを根づかせるプレミアムな接遇コンサルティング」を主体とし、年間200本以上の講演・研修も行っています。

執筆活動のほか、ラジオではマナーコーナーのレギュラー出演など多くのメディアで活躍しながら、「一期一会」の接遇に磨きをかけ現場に活かす接遇「人と人が豊かに繋がる」を目指しています。>さらに詳しく

医療介護機関様の声

意見交換が活発になり、チーム連携力強化/社会医療法人榮昌会吉田病院理事長様

社会医療法人榮昌会吉田病院様

社会医療法人榮昌会吉田病院 理事長吉田泰久先生より
『医療接遇コンサルティング』のご感想を動画で頂戴いたしました。

社会医療法人榮昌会吉田病院様ホームページ

研修2日目に朝ウキウキして出勤するほど楽しみでした!/S病院接遇委員会
当社に依頼される前は、どのようなことでお悩みでしたか?ご依頼くださった経緯についてお聞かせください。

・スタッフの接遇に対する意識が低く、クレームにつながるケースが多くありました。その為、院外の接遇を知る専門職から、院内の問題点や改善点を指摘して頂きたく、依頼をしました。(接遇委員会F様)

・地域に選ばれる病院になるため、接遇力を上げるにはどうしたら良いのか(接遇委員会I様)

・院内の雰囲気として、昔から、医療を提供してあげているという上から目線のような様子があり、勤続年数の長い職員や介護士の接遇に多くのクレームが集まっていたため。(接遇委員会O様)

・職員の接遇研修を外部講師の方に依頼したかったので探していました。研修内容はもとより、接遇委員会の進め方についてもご意見をお聞きしたかった。(接遇委員会N様)

・コミュニケーション・接遇委員会をどのように進めていったら良いのか悩んでいました。院長からの助言で進めていましたが、自分達で作っていく委員会ではなかったように思われていました。(接遇委員会S様)

・親切をテーマに接遇の改善を図っていたが、具体的に何をどうすることが親切につながるのか確証が持てない状態だった。(接遇委員会T様)

どうやって当社をお知りになりましたか?
インターネットのホームページ
当社を知ってすぐに申込みましたか?されなかった方は、どのような不安がありましたか?

・いくつかの候補を上げ、検討しました。地域的な面で東京から来て頂くことになるので交通費や宿泊費などの不安はありました。(N様)

・接遇・コミュニケーションを扱う講師がたくさんいたため、料金的な事を含め、どこに依頼するのが良いか話し合っていたので、即申し込みではなかったように思います。(T様)

・しなかった。複数の接遇講師の中から選ばせて頂くために、それぞれの会社に連絡をしていたため。(O様)

・何度か打ち合わせをして申し込みました。(F様)

他にも似たような会社があったにも関わらず、何(どの部分)が決め手となって、当社に決定されたのですか?

・先生の一生懸命な情熱が、HPや決定するまでのやり取りで伝わってきたので。(N様)

・メールや会話での印象が良かった点と、どの様な内容を講義するのかについて、詳しく話し合えたことが良かったと思います。(T様)

・連絡させて頂き、先生の熱意を感じ、決めさせて頂きました。(S様)

・医療に特化した研修をされていたので。(I様)

・先生の熱い気持ちと厳しそうな雰囲気(O様)

実際にコンサルティングを導入して、いかがですか?率直なご感想をお聞かせください。

・私自身、先生と2日間ご一緒させて頂き、色々なお話をし、当院の問題点をご指摘して頂き、今後どの様に改善していくべきか少し見通しがつきました。時間はかかると思いますが、たくさん話し合っていきたいと思っております。研修は本当に貴重な時間で、2日目先生にお会いすることを楽しみに朝ウキウキして出勤したことを覚えています。そんな気持ちで毎日出勤できたら幸せだなと感じていました。(S様)

・委員会として取り組み始めた段階で、何をどうして良いのか分からない状態でしたが、院内ラウンドして頂き、具体的な問題点を挙げてもらえたため、今後の取り組みのきっかけとなりました。ありがとうございました。(T様)

・当院の接遇を変えるには1回のかかわりでは変わらないと思った。(その位ひどいと思った。)ただその中で、継続してかかわって、変化させようと動き出すきっかけを作って頂けた。(O様)

・気付かされたことはたくさんありました。勉強になりました。先生の様に常に高い意識で仕事に臨めたら良いのですが、周りの方々にも理解してもらうのは大変なことだと感じています。(I様)

トレーニングで習得した知識、テクニックがスタッフの土台に/調剤薬局代表取締役社長様
ラポール接遇コンサルティングをご依頼くださった経緯についてお聞かせください。

弊社の企業理念「人と人のつながりを大切にし、「心配り」をスタッフ全員が実践することにより、信頼される企業集団として社会に貢献する」を成し遂げるためには「コミュニケーション」および「気づく」能力が大切であると考えていました。また、これからの薬局は他の医療介護種職の方と連携して業務を行っていくことが求められています。
そこで、良い講師の方を探しておりましたが、選定に際しては医療業界という特殊性を理解していただける方を優先事項としました。また、座学だけでなく現場に入り込んだ研修をしていただけることもキーポイントとしました。
沢山の方とお会いさせていただきましたが、達成度に応じてきめ細かくご対応いただける所など弊社の要望に合致していたこともありましたが、決め手は福岡先生の「熱意」だったと思います。

実施後、具体的にどのような変化が見られましたか?

2年間にわたり研修を行っていただきました。スタッフによっては当初はやらされ感があったものもおりましたが、福岡先生がなぜ今このような研修が必要なのかという背景をしっかりとご説明していただき、また、「コミュニケーション」および「気づく」能力はトレーニングにより身につけることができる能力であるという考えを皆に植え付けていただいたおかげで、全員が積極的に研修に参加するようになりました。また研修に参加するために、多少人数的に手薄になるところも皆でフォローしあいながら、研修者を気持ちよく送りだす雰囲気ができました。

依頼して良かったと思う点やご感想をお聞かせください。

福岡先生にはコミュニケーションに対する考え方、実践のための接遇テクニックだけでなく、組織論やリーダーシップ論など、多岐にわたる研修を行っていただきました。習得させていただいた知識、テクニックは必ず弊社スタッフの土台になったと思います。どうもありがとうございました。

「接遇コンサルタント・福岡かつよ」という人物について、または伝え方(教え方)を表現するとどんなふうに表現できますか?

多くの経験と深い知識を、
熱意をもって、
理論的に、
根気強く
教えていただけます。
教えていただいた内容は仕事の現場だけでなく、社会で生きていくうえでも役に立っていくものと思います。

先生との出会いで考え方が大きく変化/総合病院接遇委員長様
ラポール接遇コンサルティングをご依頼くださった経緯についてお聞かせください。
かねてより、患者さんからの対応に対する苦情等があり、当病院としても職員同士の勉強会を重ねてきましたが、どこから手を付けてよいかわからず、当時鹿児島市内の病院などで活躍されていた福岡先生にご依頼して1地方の接遇ではなく、全国の病院の中の接遇として確立して頂きたいと思いお願い致しました。
実施後、具体的にどのような変化が見られましたか?
1年前に接遇委員会が当病院内で設立され、各部署より委員が月に1度集まり話し合う機会ができた。2年目は委員のメンバーが各部署の責任者になり、より一層接遇が浸透していった。また研修会もあり職員全員の参加を義務付け、取り組みを強化した。研修会に参加した職員の感想では他部署の職員との交流もでき『連携』の良い機会となった。また各個別部署のレクチャーも取り入れ患者さんとのコミュニケーションのとり方が学べたこと、月に一度各部署に他部署の職員がラウンドに行き、身だしなみや接遇のチェックをするようになった
依頼して良かったと思う点やご感想をお聞かせください。
当病院で単発的に行ってきた接遇研修を、5年にわたり先生に中に入っていただき様々な試みができました。職員の中には接遇とは厳しい指導を受けながら"やらされるもの"と勘違いしている者もいましたが、先生との出会いで"患者さん家族さんだったらその接遇はどう思うか、接遇は身を守ります"とのお言葉で考え方が大きく変化しました。そして、第3者目線でおぐら病院を見てくださり、たくさんの助言を頂きましたこと、深く感謝致します。
「接遇コンサルタント・福岡かつよ」という人物について、または伝え方(教え方)を表現するとどんなふうに表現できますか?
たくさんの接遇に関する引き出しをお持ちでしたので、答えがすぐに返ってくるというイメージがあります。

お申込みの流れ

お問い合わせ

まずはお問い合わせフォームまたは電話(03-6273-4890)にてお気軽にご連絡ください。

ヒアリング

貴院のニーズをヒアリングのうえ、最適なプランを立案いたします。
弊社のコンサルティング・研修に期待することなどを何でもお聞かせください。

お見積り・ご契約

貴院の状況に応じた、コンサルティング・研修内容のご提案・お見積をいたします。
ご提案内容・お見積をご承認いただいたのち、ご契約となります。

サービスの提供

ご提案させていただいた内容にて業務を実施いたします。

お問い合わせ・ご相談

接遇コンサルティング・研修のご相談、お問い合わせ、講演、取材のご依頼などにつきましては、メールフォーム、またはお電話にてお気軽にお問い合せください。
お電話でのお問い合わせの受付は、平日9:00~18:00です。