落ち込んでいる患者さんにどう声かけをするといいのか

ラ・ポール株式会社

【テーマ:医療者としてのパーソナルパワーを高める意義】

研修開催日:2022/03/17 M内科様 第14回医療接遇コンサルティング

内容:医療接遇コンサルティング医療接遇実践ロールプレイング医療接遇研修医療コミュニケーション研修
ご感想の一部を紹介いたします。

*日々、病気と向き合っていらっしゃる患者様に対して落ち込んでいる時に、どのように声掛けすれば良いか、どうすれば患者様の気持ちが前向きになれるのか、考えても難しくてなかなか自分の中でスッキリしませんでした。
しかし、先生のお話を聞いて、"医療者としての距離感が大切"ということを学びました。
私達ができることは、心苦しいですが、限られているのだということを理解して上で接することも重要だとわかりました。
研修の後、家庭における悩みがある患者様がいて、「自分の病気のこともちゃんと向き合いたいけど、家族の問題もあって、もうすべてがイヤになる」との言葉が聞かれた時に「私たちにできることは限られていますが、何か少しでもお役に立ちたいなと思っているので、一人で抱え込まず仰ってくださいね」と声掛けをしました。
患者様から「ありがとう。少し気が楽になったわ」とのお言葉をいただきました。
先生が"何かお役に立てたらな"という気持ちを患者様に伝えるだけでも充分‼とおっしゃったのを思い出して、上記の対応をしましたが、実際に患者様にも少しでも笑顔になってもらうことができたので良かったです。
今後もよい距離感で患者様に寄り添えたらなと思います。
自分自身としては、ストラテジーを意識して、時間を有効に使い、人間としても看護師としてもステップアップできるように過ごしていきたいです。自分の人生についても改めて考える機会となり、非常に役立つ研修で楽しかったです‼ありがとうございました‼(看護師)

*今回も貴重なお話を沢山いただき、ありがとうございました。
仕事をする上での考え方以外にも、これからの人生の生き方についても教えていただき、心に響く言葉ばかりでした。
"1日24時間は皆平等で、どう過ごすか、何に時間を注ぐか"は、とても重要で、そのためには何を成し遂げたいか明確な目標を今後立てていこうと思いました。
変化がないことは楽かもしれません。でも人生に責任を持ってどんなことでもチャレンジしたいと思います。
そのチャレンジは不安なことかもしれませんが、新しく見えてくるものがあると思って変化も楽しめたら1日1日が充実したものになると思います。管理栄養士として、さらにスキルアップするため日々小さなステップを積んでいこうと思います。(管理栄養士)

*パーソナルパワーを高めることにより、自分らしさやモチベーションが上がり仕事(人生)の向き合い方が変わるとアドバイスいただき、仕事の意義を意識しようと思いました。
今回、初診の案内を早めることにより、スムーズに診察できるのではないかと提案していただいたり、患者アンケートを満足度の確認だけではなく、患者が求めるものの確認ができるとアドバイスいただき、業務の見直しをする良いきっかけになりました。今後も患者さんが求める医療を。(受付)

*研修を重ねるたびに、毎回違った問題点や改善点に気づくことができ、○○内科の一員として、よりパワーアップできているように思います。
また、普段他のスタッフの意識したことなどの振り返りを聞く機会はないので、とてもいい時間だなと思いました。
患者様対応だけではなく、組織力を高めること、自分自身の仕事の意義を考えたりと、とても深い内容の研修をありがとうございました。(受付)