【11/28 第2回医療接遇コンサルティング】病院を患者様の立場から見ると気づきが多く驚きました

ラ・ポール株式会社

【11/28開催】 Sクリニック様 第2回医療接遇コンサルティング:医療接遇研修のご感想

病院を患者様の立場から見ると気づきが多く驚きました

*環境整備の重要性について。一人一時間の掃除より一人5分でも全員(12人)でやった方がクオリティーが高くなる。接遇はエンドレス。磨けば磨くほど光る。(医師)
2017年11月30日10時01分46秒.jpg(←クリックすると拡大します)

自身のとる一つ一つの言葉がけや行動、細かな所作が一つのものとして表れてそのまま相手に伝わることを常に胸にとどめておきたい。また、行動につなげていくと共に自分らしく周りと関わっていきたい。説明するにあたり、うまく伝わっていないことも多かったので、やり方が理解できたので、今後に活かしていきたい。スタッフも患者様もお互いが気持ちよく診察を終えられるようにしていきたい。そしてそれが継続していくよう心掛けていきたい。(看護師)
2017年11月30日10時01分51秒.jpg

*環境を整えることの重要性が分かりました。自分のフィールドがしっかり見えていなければ患者さんへの目配りもできない。習慣化、日々の積み重ねが大切。説明の仕方、同じ説明であっても言葉一つで質が変わることもよく分かりました。誘導の仕方も今まであまり考えず行っていましたが、一つ一つ行動で教えて頂けて良かったです。(看護師)
2017年11月30日10時01分56秒.jpg

病院を患者の立場から見ると気づきが多く驚きました。職員の立場から見ると気にならないことが、患者さんの立場になると気になり始める事に気付きました。(培養士)
2017年11月30日10時02分01秒.jpg

*患者様をお出迎えする気持ちでご案内する、工夫することで仕事もスムーズに動き、患者様が安心して居心地が良くなるのだと感じました。学んだ事を毎日意識して良い習慣を習得していきたいです。患者様にゆっくり説明することで自分の振り返りができ、ミスを防ぐことにつながるのだと思いました。(看護師)
2017年11月30日10時02分05秒.jpg

*環境を整えること、患者さんのリスク管理、言葉は自分が一番聞いているというお話が心に残りました。言葉一つ一つが大切で、言葉一つで相手の感じ方、受け取り方が全然違うことが例を挙げて頂いて分かりやすかったです。自分の普段やっている事を実際に説明しながら、こうしたらいいのでは?など良い方法を教えて頂いたので実際やっていきたいと思います。自分のいけなかった所もハッキリ言って頂けるので、患者さんのため明日から頑張っていきたいと思います。(看護師)
2017年11月30日10時02分10秒.jpg

この時の代表ブログもご覧下さい。
http://news.ra-pport.com/2017/11/post-3019.html