行動が新たな気づきを生み、次へと繋げていくことが大切だと思いました/看護師/20191116

ラ・ポール株式会社

研修開催日:2019/11/16 N消化器内科クリニック様
内容:医療接遇研修プレミアム接遇コンサルティング・医療現場実践ロールプレイング
ご感想の一部を紹介いたします。

*先日もお忙しい中、本当にありがとうございました。
今回は患者様の目線で院内・外がどう見えるのか気づくことができ、どうしていけば良いのか、行動を起こす機会を頂くことができました。
今まで、なんとなく見て、感じることがあっても、日々の忙しさで流してしまったり、環境に慣れている部分もあり、上辺だけの掃除しかできていませんでした。
しかし、今回、患者様目線から気づきや私たちが不便に感じていることを流さずに、行動に移すことが発展に繋がると考えるきっかけになりました。
そして、その行動が新たな気づきを生み、次へと繋げていくことが大切だと思いました。
今回の研修で、以前から気になっていたことを上ににも相談でき、フィードバックしていただきました。
各部署の垣根を越えて、コミュケーションをとり、共有していくことで、環境整備のみではなく、安全な質の良い医療、働きやすさ、意識向上になっていくと実感しました。
実際に色々試しながら、今ある環境がどうか、患者様、上司、同僚の皆さんの立場になって考え、流さずに取り組み続けたいと思います。
その中で、チーム連携も強化していけたらと思います。
今回の取り組みで、想像以上に環境が整ってきたので、気持ちも明るくなり、スタッフ間でも前向きな相談をし合えていると思います。ここで満足せず、引き続き取り組んでいきたいと思います。
今後も、ご指導、アドバイスを宜しくお願いいたします。ありがとうございました。/看護師

*受付の狭さ、ゴタゴタ、カルテ庫、階段に置かれたカルテなど、気にはなぅていましたが、どうすることもできないで、日々、業務をこなしていましたが、先生の一言で、ここまで働きやすい環境に整ったのには驚きました。
患者さんに目が行き届くことが一番良かったと思います。
清掃もしやすく、日々の業務もやりやすくなっていくと思います。ありがとうございました。/受付