【9/14 医療接遇コンサルティング第11回:電話応対研修②】自分のひとこと、その日の応対がクリニックの明日を決めるという意識で

ラ・ポール株式会社

【9/14開催】医療法人社団S会様 医療接遇コンサルティング第11回:電話応対研修②のご感想

自分のひとこと、その日の応対がクリニックの明日を決めるという意識で

*患者様をお迎えするにあたり、自分の姿勢、意識、態度、準備、あらゆることがまだまだ足りないことを認識しました。自分のひとこと、その日の応対がクリニック、法人の明日を決めるという意識でプロの職業人として日々鍛錬していきたいと思います。(医師)
2017年09月25日10時40分04秒.jpg (←クリックすると拡大します)  

*何気なく使っている言葉でしたが、その一つ一つで印象が変わることを再確認しました。視覚がない分、声の印象、迅速な対応、間違いのない対応、電話ひとつの大切さを頭に置いた対応をこれからも心がけていきます。丁寧語、謙譲語の使い方を再度勉強したいです。(医事課)
2017年09月25日10時40分09秒.jpg

言葉使いと言葉遣いの意味。電話対応では言葉使い(一般的、事実先行)が大切だと分かりました。言葉のトレーニングが必要だなと思いました。電話応対においてのポイントが学べたので活かしていきたいと思います。(看護師)
2017年09月25日10時40分14秒.jpg

*日常業務で行っている電話対応について学ぶことができて良かったです。自分の電話対応の間違っていたことと正しかったことが分かりました。今後の業務で自分自身がレベルアップできるように頑張りたいと思います。本当にためになるお話をありがとうございました。自分の目標を決めて小さいことから実践していきたいと思います。(臨床検査技師)
2017年09月25日10時40分19秒.jpg

*電話応対では私自身が電話をとっているのではなく、病院が電話をとっているという自覚をもってとること。電話の第一声の音+スピーディさを忘れず対応すること。多義語、尊敬語、謙譲語を使い分けられるように学んでいきたいです。今まで本当にありがとうございました。(医事課)
2017年09月25日10時40分23秒.jpg