チーム医療(医療人材育成活用)コンサルティング

成果の出せる「人」を採用し、育て、ハイパフォーマンスな医療チームをつくるための『人材育成活用コンサルティング』

成果直結で院内にDNAを根付かせるための新たな取り組み

当社では、これまでに成果直結で院内にDNAを根づかせるための「プレミアム接遇コンサルティング」を提供してきました。
今回より専門的かつ具体的な『チーム医療(医療人材育成活用)コンサルティング』を提供し、成果の出せる人材の採用からスタッフ一人ひとりの才能を最大限に活かす研修、そして、チーム医療が機能するチームづくりまで、トータルでサポートして参ります。

最大の特徴は、長年の経験則と「認知科学」に基づくデータを融合させたコンサルテーション

ラ・ポール株式会社が提供する「チーム医療(医療人材育成活用)コンサルティング」の特徴は、現場での医療接遇コンサルティングや各種研修の実績から長年に渡り培われた経験則と、最新の認知科学に基づく診断データを融合させたコンサルテーションということ。
「現場」と「成果」を大切にしてきた当社だからこそ提供できる、他社にはない医療に特化した人材育成活用コンサルティングです。

病医院固有の「優秀な人材たち」の診断データをモデル化し、採用・配置・教育を支援します!

「優秀な人材は病医院によって異なる」・・・これが当社のチーム医療(医療人材育成活用)コンサルティングの大切な考え方です。

なぜならば、病医院が持っている固有の職場風土によって「医療スタッフに求められる資質や才能」が異なり、単に「医療スタッフ」というだけで人を見ることができないからです。

また、同様に内科と外科など医療分野によっても「優秀な人材」が違うケースがあります。

当社のチーム医療(医療人材育成活用)コンサルティングでは、これらの様々な「違い」をデータによって見える化し、各病医院の風土で活躍できる人材の発掘、育成、医療チームづくりを支援します。

【採用支援の基本ステップ】
  • 64x64

    卓越モデルの作成

    各医療分野における「優秀な人材」を明確にし、診断テストによりその特性をデータで標準化します。
  • 64x64

    ランキングレポートの作成

    採用の応募者に診断テストを受検いただき、その個人データを卓越モデルと比較し、「院内優秀者」との合致度を測定します。
  • 64x64

    採用の可否を最終判定する

    合致度の高い応募者に対して「面接」を実施し、採用の可否を最終判定します。
  • 64x64

    経過の観察・検証を行う

    経過を観察・検証し、必要に応じて対策を講じます。
【配置支援の基本ステップ】
  • 64x64

    チームレポートの作成

    医療スタッフ全員が診断テストを受検し、部門毎の職場風土を明確にします。
  • 64x64

    チームレポートの分析

    チームの職場風土と個人データを比較し、課題を明確にします。
  • 64x64

    最良・最善になる人員配置の検討

    医療チーム全体のバランスが最良・最善になる人員配置の検討を行います。
    必要に応じて、チームメンバー一人ひとりの行動課題設定を行います。
  • 64x64

    経過の観察・検証を行う

    経過を観察・検証し、必要に応じて対策を講じます。

※配置支援では、新たに採用したスタッフをどのチームに加入させることが最良・最善なのかを検討することも可能です。

【教育支援の基本ステップ】 事例1:自己理解・他者理解を深める研修
  • 64x64

    パーソナルレポートの作成

    研修対象者全員が診断テストを受検し、個人の傾向を明確にします。
  • 64x64

    自己理解・他者理解

    後日研修を実施し、自分や他者の傾向、レポートの見方を理解し、自己理解・他者理解を深めます。
  • 64x64

    実践目標を設定

    職場での実践目標を設定し、日々の業務にあたります。
  • 64x64

    現状分析

    後日、実践結果に対するレポートを各自で作成し、現状分析と今後の課題の明確にします。
【教育支援の基本ステップ】 事例2:卓越モデルを活用した能力開発研修
  • 64x64

    卓越モデルの作成

    各医療分野における「優秀な人材」を明確にし、診断テストによりその特性をデータで標準化します。
  • 64x64

    個別参照レポートの作成

    研修対象者に診断テストを受検いただき、その個人データを卓越モデルと比較し、「院内優秀者」との違いをデータ化します。
  • 64x64

    実践目標を明確にする

    研修を実施し、個人の傾向や個別参照レポートによる個人の開発課題を認識し、能力開発のための実践目標を明確にします。
  • 64x64

    変化の測定と検証を行う

    後日、診断テストを再受検し、変化の測定と検証を行い、さらには研修後の能力開発のための実践目標を明確にします。