代表挨拶・プロフィール

ラ・ポール株式会社代表 福岡かつよの挨拶とプロフィールです。接遇コンサルティングを主体とし、年間200本以上の講演・研修を行っています。執筆活動をはじめ、ラジオなどのメディア出演情報もご紹介します。

代表挨拶

「日本の医療介護現場を元気にする」

お客様の医業に対する「想いとお考えが伝わり、成果直結に繋がる医療接遇」をサポートするという信念の基、今日に至ります。

社名『ラポール』とは"信頼""橋を架ける"という意味の言葉です。

この言葉に相応しく信頼されるコンサルティング・信頼される研修を提供するべく、日々研鑽を積んでおります。心に伝わり響く『相互尊重』の接遇力とコミュニケーション力向上に寄与することで、縁ある全ての組織の発展繁栄に、ひいては社会に貢献することを目的に事業展開しています。

100人の患者さんがいらっしゃるとしたら100通り以上の接遇があります。同じ患者さんであったとしても毎回同じ事を望んでいるのではなく、その時その状態に適切で最善の接遇を望みます。

医療者と患者さんが互いに歩み寄れた時、「この病院で良かった」と納得して、満足から感動が湧きます。これこそが一方通行ではない「相互尊重」の真の接遇といえるのではないでしょうか。

真の接遇を実現するために、私どもラ・ポール株式会社は、状況にそって臨機応変に応対できる『柔軟な接遇力』を提案しています。気づき、考え、言動化する。その繰り返しを継続することで貴院の善き風土になると確信します。

その素晴らしい風土が、院内のDNAとなり帰属意識も高まります。約20年にわたり医療介護現場に特化してきた実績と豊富な実例を基に、現場に活かせる能動型研修とコンサルティングを実施しています。

貴院の大切なスタッフが主体性を持って自ら行動を起こす人材になることを目指します。日本の未来に、医療介護現場の皆さんの一助のためによろしくお願い申し上げます。

代表・スタッフプロフィール

福岡 かつよ(医療接遇コンサルタント)

代表取締役 福岡かつよ(医療接遇コンサルタント)

全国の医療介護機関において「成果直結で院内にDNAを根づかせるプレミアムな接遇コンサルティング」を主体とし、年間200本以上の講演・研修も行っています。

執筆活動のほか、ラジオではマナーコーナーのレギュラー出演など多くのメディアで活躍しながら、「一期一会」の接遇に磨きをかけ現場に活かす接遇「人と人が豊かに繋がる」を目指しています。

企画課 大川阿紀子

私は企画を担当しています。今まで、作業療法士として病院や介護老人保健施設、訪問看護ステーションなどで働いてきました。現場でリハビリを行う中で、接遇の大切さを実感する場面が多くあり接遇を根本から学び、伝えていく仕事がしたいと思い講師を目指しています。
患者さんに近い場所で働いているからこそ聞こえてくる患者さん側の想いや、働く私たちの現状を研修に活かしていきたいと思っています。

メディア掲載

PRESIDENT表紙
PRESIDENT
「リーダーの眼」
LEADER'S-EYE表紙
LEADER'S-EYE
「起業家たちの横顔に迫る」
Phase3表紙
Phase3
「medical business satellite」
患者ニーズ研究所表紙
患者ニーズ研究所
KKB出演
ビジネスマナーの専門家としてテレビ出演多数
ラジオ出演
マナー講師としてラジオ出演多数