身体と心で“接遇”を学ぶことが出来た

T大学病院様 事務局より頂戴したご感想をご紹介いたします。


“参加型”で講義形式よりも、身体と心で“接遇”を学ぶことが出来ました。言葉が足りなかったり、一つの間違った動作によって患者さんに不快な思いをさせてしまいます。現場が忙しければ忙しいほどそのようなことを忘れ、患者さんとのコミュニケーションが上手くとれなくなります。しかし、今回の研修により大切なことを認識することが出来たと思います。

 

T大学病院様2(←画像をクリックすると拡大されます)