人と人との繋がりが医療へつながり、帰属意識が高まった!/クリニック 院長

ラ・ポール株式会社

医療法人昌平会 わきだ整形外科 理事長・院長 楊 昌樹 様より 

『医療接遇コンサルティング研修』のご感想を動画で頂戴しました。

クライアント様のご紹介 

 82ED82AB82BE.gif

   syouheikaiwakiaseikegekasama.jpgsign.png

   理事長 楊 昌樹 様

基本方針:

Big surgeon, big incision(偉大なる医者は大きな切開での手術を行うという意味)の時代はそろそろ過去の物になりつつあります。わきだ整形外科では最小侵襲手術に早くから着目しており、できるだけ小さな切開での手術をおこなっています。その中でも腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、頚椎椎間板ヘルニアに対する脊椎内視鏡手術は当院の一番の特徴です。その他、人工関節や関節鏡、外傷に至るまで整形外科全般の治療も行っています。もちろん、治療の第一段階は保存療法です。ですから、手術を希望して来院されても保存療法で治る場合であれば、手術は行いません。できるだけ切らずに、切るなら小さく。これがわきだ整形外科の治療方針です。わきだ整形外科では院長(楊昌樹)の最新の医療技術で、最高の医療を提供することを目標としています。

①wakida-orthopedics.jpg