「聞いたことがある」学びでなく、行動変容へつながる研修/M総合病院 看護部長 様

M総合病院 看護部長様より 頂戴したご感想をご紹介いたします。


・職種、経験年数、一般知識の違いが著しい集団を対象に、「聞いたことがある」学びでなく、2時間とうい限られた時間の中で、一つでも納得でき行動変容につなげられる研修を、準備して頂けたことが良く解りました。

私の最も印象に残ったポイントは、自分のコミュニケーション傾向について、自分自身で客観的に認められることが行動変容へのベースであり、その機会が大切だと再確認できたことです。

・スタッフの感想から「伝える」「伝わる」の違いが印象的だったようで、今後、強化して行きたいと考えています。

・医療の業界はそれぞれの役割・立場(患者・ご家族、助手・看護師・医師・部下・上司など)から、急勾配のピラミッド社会であり、常に「弱者」「強者」の関係が日常的です。

まず、そのことを認識して調整するべき業界であることを認識する必要がありますね。

理論あり、体験ありの構成で「あーほんとだ」と納得したスタッフの反応を見ることができました。ありがとうございました。

「聞いたことがある」学びでなく、行動変容へつながる研修(←画像をクリックすると拡大されます)